トップページ > 会社情報 > 沿革

沿革

1940年 3月
大阪府大阪市に東邦カーボン製造所(現、株式会社レイホー製作所)を設立し、カーボン部品の製造販売を行う。
1950年 1月
株式会社日立製作所の近畿地区カーボン専用加工工場に指定される。
1952年 3月
東邦カーボン製造所の販売部門を母体として日邦産業株式会社を設立し、株式会社日立製作所化学製品の特約店となり各種炭素製品の販売を開始する。
(本店:大阪府大阪市北区、大阪営業所:大阪府大阪市西区)
1953年 3月
電気部品、絶縁材料の販売を開始する。
1961年 7月
愛知県名古屋市に名古屋営業所を開設する。
1963年 4月
株式会社日立製作所の化学製品事業部が分離独立して日立化成工業株式会社(現、日立化成株式会社)となるに及び、同社の特約店となる。
プラスチック電材・機械部品の研究開発を行い、ジュラコン・機械部品の販売を開始する。
1965年 10月
大阪府吹田市に新社屋を建設し、本社を移転する。
1967年 2月
日立金属株式会社の特約店となり、磁鋼及びマグネット応用品の販売を開始する。
名古屋営業所内に開発技術部を設置し、自社商品開発に着手する。
1968年 1月
株式会社本田技術研究所への営業展開を図るため、東京都千代田区に東京営業所を開設する。
7月
愛知県一宮市にプラスチック成形工場を開設する。
1969年 4月
日立化成工業株式会社(現、日立化成株式会社)の粉末冶金製品部門が分離独立して日立粉末冶金株式会社となるに及び、同社の特約店となる。
10月
アミューズメント事業に着手し、バッテリーカーの製造販売を開始する。
1977年 4月
合成樹脂再生加工会社として、愛知県名古屋市にコーポリマー化工株式会社を設立する。
1980年 2月
オランダフィレット社(後のLANTOR B.V.)の日本総代理店となり、コアマットの国内販売を開始する。
5月
東北地方の市場開拓を行うため、宮城県仙台市に東北営業所を開設する。
8月
一宮新工場(愛知県一宮市)を建設する。
1982年 4月
プラスチックマグネットの製造販売を開始する。 新素材利用によるFRP開発に着手し、カーゴトラック機器事業を開始する。
1984年 4月
金沢出張所(石川県金沢市)を営業所に昇格し、北陸営業所とする。
1985年 6月
一宮第二工場(愛知県一宮市)を開設する。
1987年 11月
台北(台湾 台北市)に支店を開設し、海外事業を開始する。
ユーザーの海外シフトとニーズに対応し、海外生産拠点として、バンコクにNIPPO MECHATRONICS (THAILAND) CO., LTD. (現地法人)を設立する。
1988年 4月
OA機器用ワンウェイクラッチ・ヒストルクローラーを開発し、製造販売を開始する。
1990年 6月
シンガポールに支店を開設し、東南アジアにおける三番目の拠点とする。
1991年 11月
店頭登録銘柄(現、東京証券取引所 JASDAQ市場)として社団法人日本証券業協会に登録される。
1993年 2月
海外第二の生産拠点として、マレーシアにNIPPO MECHATRONlCS (M) SDN. BHD.(現地法人)を設立する。
1995年 6月
海外第三の生産拠点として、タイ国コラートにNK MECHATRONICS CO., LTD.(現地法人)を設立する。
1996年 2月
中国本土への拡販を図るため、香港にNIPPO (HONG KONG) LTD.(現地法人)を設立する。
2002年 1月
海外第四の生産拠点として、中国・深圳にNlPPO (HONG KONG) LTD. 深圳工場の操業を開始する。
2月
フレキシブルプリント配線板の加工会社として、バンコクにNIPPO C&D CO., LTD.(現地法人)を設立する。
5月
プラスチック射出成形用金型の製造販売会社として、バンコクにNIPPO MEC CO., LTD.(現地法人)を設立する。
10月
海外第五の生産拠点として、べトナム・ハノイにNIPPO MECHATRONlCS (VlETNAM) CO., LTD.(現地法人)を設立する。
2003年 11月
中国本土の販売拠点として、上海に邦産(上海)國際貿易有限公司 (現地法人)を設立する。
2004年 8月
アミューズメント部門を分離独立させ、日邦アミューズメント株式会社を設立する。
12月
株式会社ジャスダック証券取引所(現、東京証券取引所 JASDAQ市場)に株式を上場する
2005年 7月
コーポリマー化工株式会社(愛知県名古屋市)の本店を静岡県浜松市に移転し、商号をNHメカトロニクス株式会社に変更する。
12月
公募による新株式発行を実施する。
2006年 3月
愛知県稲沢市に生産・開発拠点として稲沢事業所を開設する。
2007年 3月
稲沢事業所にてISO14001の認証を取得する。
4月
自動車部品事業本部にてISO9001の認証を取得する。
2008年 7月
金属加工部品の内製化を推進するため、株式会社京都映工社(京都府京都市)の全株式を取得し、子会社とする。
10月
半導体製造関連治具の製造・販売を推進するため、株式会社岸田製作所(神奈川県逗子市)の全株式を取得し、子会社とする。
12月
大型プラスチック成形品の製造・販売を推進するため、静岡県磐田市にNIメカトロニクス株式会社(現NTメカトロニクス株式会社)を設立し、三協化学工業株式会社(静岡県磐田市)の主要な事業を譲り受ける。
2009年 5月
磐田事業所(静岡県磐田市)を開設する。
10月
株式会社岸田製作所の商号を変更し、日邦メタルテック株式会社とする。
2010年 9月
中華圏での事業拡大を図るため、台湾 富優技研股份有限公司(台湾 桃園市)と資本・業務提携を行う。
2011年 4月
NK MECHATRONICS CO.,LTD.にて、タイ食品医療品局(FDA)認証を取得する。
5月
NK MECHATRONICS CO.,LTD.に第二工場を建設する。
6月
NK MECHATRONICS CO.,LTD.にて、厚生労働省の医療機器外国製造業者の認証を取得する。
12月
富優技研股份有限公司と業務提携契約を締結する。
2012年 6月
海外第七の生産拠点として、インドネシア・ブカシにPT.NIPPO MECHATRONICS INDONESIA(現地法人)を設立する。
2013年 1月
埼玉県羽生市に営業・生産拠点として埼玉事業所を開設する。
2014年 1月
タイ国における自動車関連部品の生産拠点を集約することを目的に、NIPPO MECHATRONICS(THAILAND)CO., LTD.(現地法人)の新工場を建設する。
4月
メキシコに株式会社富士プレスとの合弁会社、FNA MECHATRONICS MEXICO S.A. DE C.V.(現地法人)を設立する。
2015年 4月
株式会社京都映工社とNTメカトロニクス株式会社を合併し、日邦メカトロニクス株式会社を設立する。
2016年 1月
プラスチック成型品の製造・販売を推進するため、広島市に日邦メカトロニクス広島株式会社を設立し、新神戸プラテックス株式会社 広島製造所の主要な資産を譲り受ける。
6月
取締役会の監督機能とコーポレートガバナンスを強化するため、監査等委員会設置会社に移行する。