トップページ > CSR情報 > コンプライアンスガイドライン

コンプライアンスガイドライン

「お客様とともに」に対するコンプライアンスガイドライン
私たちは、社会との積極的なコミュニケーションに努め、オープンでフェアな事業活動を実践します。
  • 競業及び利益相反取引の禁止
    私たちは、会社の利益を犠牲にして自己若しくは親族知人の利益を計る行為をしません。
  • 公正かつ自由な競争
    私たちは、公正かつ自由な競争を妨げる不正な取引制限や不公正な取引方法を用いません。
  • 個人情報の保護
    私たちは、個人情報保護法その他の社内規定を遵守し、個人情報の適正な保護に努めます。
  • 企業秘密情報の保護
    私たちは、企業秘密情報が会社の重要な財産であることを常に認識し、これを適正に管理します。
  • 適正な情報開示
    私たちは、ステークホルダー(顧客、仕入先、株主、社員、地域社会)に対して、会社の経営方針、事業活動、決算関連情報等の企業情報を正確かつタイムリーに発信し、企業の説明責任を果たします。
「従業員とともに」に対するコンプライアンスガイドライン
  • 基本的人権の尊重
    私たちは、日本国憲法をはじめ、各国の憲法で保障された基本的人権及び国際ガイドラインで示された基本的人権を尊重し、これを侵害しません。
  • 健康と安全の確保
    私たちは、適正な時間内労働を励行するとともに、安全で衛生的な職場環境を確保し、健康の確保と労働災害の発生防止に努めます。
  • 差別の禁止
    私たちは、互いを尊重し、民族・人種・宗教・政治的信念・思想信条・性別・年齢・出身・家柄等を理由とする差別をしません。
  • 汚職行為の禁止
    私たちは、汚職行為には一切関与しません。
  • インサイダー取引の禁止
    私たちは、インサイダー情報に基づく特定有価証券等の取引を行いません。
  • 会社資産の私的・不正使用の禁止
    私たちは、会社資産の適正な管理に努め、会社資産の私的・不正使用はしません。
  • 知的財産権の保護
    私たちは、自社の知的財産権を保護するとともに、他者(社)の知的財産権を侵害しません。
  • 財務報告の正確性
    私たちは、業務プロセスを都度確認し、会計記録及び財務報告の正確性を確保します。
  • ハラスメント行為の禁止
    私たちは、性差・職権等を背景にしたハラスメント行為を行いません。
事例紹介

稲沢事業所内にある医務室における定期的な産業医による健康チェックの実施

「取引先とともに」に対するコンプライアンスガイドライン
公正な調達活動
私たちは、優越的な地位の乱用等の行為を排除し、公正な調達活動を行います。
公正かつ自由な競争
私たちは、公正かつ自由な競争を妨げる不正な取引制限や不公正な取引方法を用いません。
輸出入関連法規の遵守
私たちは、貨物及び技術情報等(ソフトウェアや技術指導を含む)の輸出入に際し、各国の輸出入関連法令等を遵守します。
付加価値の高いものづくり
私たちは、会社資産を有効に活用し、高品質かつ安全で社会的に有用な製品を供給し続けます。
「地域社会とともに」に対するコンプライアンスガイドライン
化学物質規制の遵守
私たちは、事業活動に使用する化学物質の適正な管理に努めます。
反社会的勢力との断絶
私たちは、暴力団その他の反社会的勢力との関係を排除し、これら勢力を利する行為を一切行いません。