トップページ > CSR情報 > 内部統制推進体制

内部統制推進体制

当社は、平成29年3月17日開催の取締役会において、構築した内部統制システムの推進体制について、次のとおり改正することを決議した。
1. 組織体制
1. 取締役会
  1. 内部統制システムの整備・運用に関する基本方針を決議し、これらについて監督・検証する機関
  2. 内部統制システムを改善する場合において、当該改善事項につき検証・決議する機関
2. 内部統制推進本部
  1. 取締役会の指示に従い、内部統制システムの適切な運用を推進する機関
  2. 内部統制システムの改善案を作成し、取締役会に報告する機関
3. 決算検証委員会
  決算・財務報告プロセスの網羅性、正確性、正当性を検証し、当該結果について社長に報告する機関

4. 内部監査室
  内部統制システムの運用評価を実施し、当該評価結果を社長に報告する機関
2. 内部統制推進本部について
1. 管理組織
  • 本部長にはコーポレート本部長があたり、各所管部署における適切な整備、運用を図るため、所管部署の長を管理責任者とする。但し、各拠点固有の組織統制に関しては、各拠点長を内部統制管理責任者とみなす。
3. 決算検証委員会について
1. 管理組織
  • 委員長には経営企画部長があたり、決算・財務報告プロセスの網羅性、正確性、正当性を検証するため、担当取締役、コーポレート本部長、経営企画部員並びに人事部・業務管理部・業務支援部・内部監査室の長が委員となる。

2. 委員会の開催
  • 委員会は、四半期毎の決算手続開始前及び決算報告実施前に各開催し、決定事項等につき社長に報告する。
内部統制に向けたコーポレートガバナンスの模式図