トップページ > IR情報 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

基本方針
当社は、株主・投資家をはじめとする全てのステークホルダーに当社を理解していただき、当社と友好的な信頼関係を構築・維持していただくことを目的に、当社グループに関する有用で適切な情報を公正かつ迅速に開示します。
情報開示基準
当社は、会社法及び金融商品取引法等の関係諸法令並びに、東京証券取引所JASDAQ市場(以下、「取引所」)が定める上場有価証券の発行者による会社情報の適時開示等に関する規則(以下、「開示規則」という。)に従い前記情報を開示します。また、取引所の開示規則に該当しない情報でありましても有用で適切であると判断したものは開示します。
御参考: 東京証券取引所適時開示の規則の概要
情報開示方法
当社は、開示規則に該当する情報の開示を、取引所が提供するTD-NET(適時開示情報伝達システム)にて開示しますとともに、当該情報は当社ホームページでも速やかに掲載します。
御参考: 東京証券取引所適時開示情報閲覧サービス
内部情報管理
当社は、企業秘密情報その他の重要事実等の管理体制・方法、開示及び社内教育に関する社内規定を備え、インサイダー取引の未然防止に努めております。
沈黙期間
当社は、公平性を確保するために決算期日の翌日から決算発表日までの期間を沈黙期間とし、決算に関するご質問への回答及び同コメントを差し控えさせていただきます。但し、沈黙期間中に開示規則に該当するところの決算にかかる変動の存在が明らかになりましたときには、開示規則に従い、適時業績修正として開示します。
免責事項
当社が開示する業績予想は、開示時点において入手可能な情報による判断及び仮定に基づいております。実際の業績は、経済情勢等の変化若しくはリスク等の不確定要素の変動により開示した業績予想と大きく異なる可能性がありますことを予めご了承ください。