トップページ > ニュースリリース > 2019年 > 工作機用「冷却水吐出ノズル」の樹脂化開発が完了し、製品化しました

ニュースリリース

2019.10.02 工作機用「冷却水吐出ノズル」の樹脂化開発が完了し、製品化しました

 予てよりパートナー先である 株式会社 塩社様 と共同で進めて参りました、工作機用冷却水吐出ノズル「商品名:レクティファイア(Pat.)」の樹脂化開発が完了し、株式会社 塩社様の製品ラインナップとして採用されました。

nozuru.PNG


■本製品の特長


 1. 従来のクーラントホース先端部を本製品(レクティファイア)に替えるだけで勢いのある整流加工液が確実にワークを捉え、

   加工効率を格段に向上させることができます。


 2. お使いのクーラントホースに簡単装着できる省スペースタイプです。


 本製品は、株式会社 塩社様の特許製品として、金属の切削加工やマシニング加工において加工液や冷却水をより効率よく加工点に到達させるための高機能ノズルです。これまで金属製(真鍮)でありましたが、軽量化、取り付け作業性の向上を目的として樹脂化の要求が高まっておりました。当初はその形状から樹脂化が難しいとされた製品ではありましたが、当社保有のエンジニアリングプラスチック技術を生かし、製品形状の実現条件の確保(解析含む)、特殊金型構造の設計、特殊エンジニアリングプラスチック材料の選定、試作後の実機評価等を行い、樹脂化の開発に成功し製品化いたしました。


 また、株式会社 塩社様の独自の流体せん断技術を用いた、「流体せん断装置SIO」との組み合わせにより、更に加工特性を向上させることができます。より高度で良質なものづくりを支える重要な基幹パーツとなります。
 (参考:塩社ホームページ http://sio-miu.co.jp/


■製品に関するお問合せ先

  日邦産業株式会社 新規事業プロジェクト  西岡 聡

   TEL:052-218-3161 アドレス:snishioka@nip.co.jp